伝達スキルは仕事の基本

正しく簡潔に伝える

仕事上のやり取りの中でも文章でのやり取りがいくつかあるものですが、そうしたやり取りはどうしても長くなりがちです。
失礼のないよう、最低限の礼儀を示しながら連絡の趣旨を伝えるには伝わり易さやある程度の簡潔さも必要です。
慣れるまでは連絡前に1度文章全体をみて過不足が無いか、過剰な部分が無いかなど確認してみましょう。

必要な情報を正確に盛り込むことはもちろんですが、正確に記載していても全体が長いと見落としの危険性を伴うこともあります。
要点外の部分が長すぎるのは相手の時間を奪うことにもなりますし、情報伝達を煩雑にさせることにもなります。
正しく簡潔に、最低限の礼儀を忘れなければ大丈夫であることを覚えておくと良いでしょう。

情報伝達に役立つツールを使おう

仕事上での情報伝達の方法といえば電話やメール、文書などがありますが、昨今ではチャットアプリを用いる会社がとても増えています。
それはメールや電話に比べてさまざまなメリットがあるからです。

チャットアプリは感覚的なやり取りが可能で、特に社内でのやり取りであれば無駄を省いた素早く伝わりやすいやり取りが可能です。
もちろん社外の人とのきちんとしたやりとりに使うこともできますし、大きなデータを添付するのもすぐなのでデータのやり取りにも便利です。
電話だと伝えにくかったり、長い話であれば要点をあらかじめまとめておいて話す必要性があるので人によっては苦手な場合もあるでしょう。
そうした場合にもチャットであればスムーズにやり取りできるということもあるはずです。